カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

社長ブログ

2019.07.08

5年前と今。

おはようございます!

くらしこの家が完成した4年後の去年にハナレの完成をしました。

改めて5年前の写真を引っ張り出してみることに。

(ビフォアー写真撮影:アドブレイン塚本氏)

(アフター写真撮影:西川公朗氏)


1棟目のくらしこの家の完成は2月だったこともあり、樹木たちの緑がなかったので

まったく同じ条件でのビフォアー・アフターの写真ではないですが、、、(苦笑)

だいたい同じ角度での写真比較してみました↓

木部はもちろんですが、まだ完成したばかりの初々しさがありますね。

樹木たちも人の手で植えた仰々しさがあります。


先日、西川公朗さんに撮影したいただいた時の南からの写真です。

全く同じ場所からの撮影ではないですが、

樹木たちと建物がとても馴染んできています。

ハナレの樹木たちでお庭にも奥行き感がでています。

何より高木の樹木のおかげで影がたくさん落ちて明暗がとても綺麗です。


続いてはくらしこの家のダイニングからの写真。



ハナレができる前は、南は何もなかったので間が抜けてしまっていました。

撮影前日は雪が降っていたのでお隣の畑は少しだけ雪化粧でした。



そして、下の写真が今の景色です。


ハナレの建物と樹木たちで影が落ちて、風で影が動きキラキラ綺麗です。

また、外部から視線を遮りながらも半外空間で視線が抜けて中庭が閉鎖的になりすぎ

視線と風が抜ける気持ちの良い窓際になりました。


ちなみに、ガラリ戸をしめると外部から視線をより遮断して落ち着きが増します。

日射遮蔽としても効果的でこれからの日差しが強い時期は暑さがやわらぎます。



続いてダイニングから畳リビングの窓周りは、、、


南から東に向けては畑から柿畑が広がっているので開放的ではありますが、

光も燦燦と入っていました。


撮影時の季節の違いもありますが、

ハナレのおかげでお庭に間ができてよりプライベートな空間になりました。


明暗のバランス、

視線の抜けとプライバシーのバランス、

樹木の配置、

色々な要素で心地よい空間は構成されますが、

4年越しにこうして2棟の家づくりを通して五感で体感することができたのはなかなかできることではありません

(自分で言うのはなんなんですが・・・笑)


引き続き設計中のお客様やこれからのお客様にも経験したことを体感してもらいながら

暮らしの提案をしていきたいと改めて思いました!






戻る

最近のクリップ

もっと見る