カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

家づくりQ&A

2017.07.23

Q.水田や畑といった「農地」に住宅を建てる場合の注意点は何ですか?/家の建築について2

「FPの家」や家づくりの基礎について、そして野村建設についての「よくあるご質問」をまとめました。是非あなたの家づくりの参考になさって下さい。


Q.水田や畑といった「農地」に住宅を建てる場合の注意点は何ですか?

A.造成工事敷地が道路面より低い場合は、敷地の高さを上げるための「造成工事」が必要になる事があります。その場合、敷地の周りにコンクリート等の擁壁(ようへき)を設け、土を盛っていく「盛土」を行います。
又、敷地の登記簿上の土地の種類(地目と言います)が「宅地」の場合は家を建てられますが、「田」や「畑」の場合は農地法による制限を受けますので注意が必要です。この場合、農地を宅地に変更する手続きが必要になるのですが、この手続きには数ヶ月、場合によっては1年ほどかかる場合もございます。一般的には司法書士の方にご相談される方が多いのですが、弊社にも協力関係にある地元の司法書士がおりますのでお気軽にご相談下さい。
そして土地には「用途地域」という区分けや「都市計画区域内・外」という地域分けがございます。この地域分けによっては「市街化調整区域」という地域など、原則住宅などの建物が建てられない地域もありますので注意が必要です。地域分けに関しては、弊社にて役所調査などもさせて頂いておりますので、こちらもお気軽にご相談下さい。

戻る

最近のクリップ

もっと見る