カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

家づくりQ&A

2017.08.17

Q.どんな保証がありますか?/野村建設について4

「FPの家」や家づくりの基礎について、そして野村建設についての「よくあるご質問」をまとめました。是非あなたの家づくりの参考になさって下さい。


Q.どんな保証がありますか?

A.野村建設では、お客様に安心して住んで頂ける家造りのために、下記のような保証をつけさせて頂いております。

「建てる前の安心」
・地盤保証
地盤沈下を防ぐための地盤調査を適切に行った後、地盤保証を発行しています。
・完成保証
万が一弊社が倒産してもFPグループ加盟工務店が工事を引き継ぎます。全てのお客様に加入いただけるのも特徴です。万が一の時、お客様へのご迷惑を最小限に抑えます。

「建てている時の安心」
・建設工事保証
火災や雪災、水災(洪水・豪雨)などで、建設中の建物が被害を受けた損害を補修します。
・工事中の賠償責任
工事中の物損事故や工具などの落下で通行人に怪我を負わせるなど、人身事故の損害を賠償します。
・各種工事検査の実施
独自の自社検査と第三者機関の検査で、きめ細かい工事検査を実施しています。又、お施主様にもご確認頂いた上でお引き渡し致します。

「建てた後の安心」
・瑕疵(かし)保証
入居後10年以内に、万が一何らかの不備で主要な構造部分に欠陥が生じた場合は、責任を持って修理します。
・引き渡し後の賠償責任(PL法)
お引き渡し後に何らかのトラブルで人や物に対する障害が生じた場合にも保証します。
・ウレタンパネル無結露50年保証
「FPの家」で使う硬質ウレタンパネルの素材内部に結露が発生しない事を、50年間保証します。
・30年無料定期点検
お引渡し時から定的的に住まいの点検を行い、住まいの不備の早期発見・早期改善をしています。シロアリの検査も行います。


Q.「瑕疵保証」はついていますか?

A.平成21年3月31日までのお引渡し物件には、FPグループの瑕疵保証がついております。法律の改正に基づき、平成21年4月1日以降は指定保険法人「ハウスジーメン」に切り替わっての瑕疵保証がついています。

保証の内容として、主要な構造部分において欠陥が生じる事はまず考えられない事ですが、それでも入居後10年以内に万が一何らかの不備で欠陥が生じた際はきちんと保証が適用されます。
※「住宅品質確保促進法」に基づき、基礎、床、柱、梁、壁、床など構造耐力上主要な部分の瑕疵、及び雨水浸入防止部分の瑕疵が保証の対象となります。


Q.瑕疵とは何ですか?

A.瑕疵は「かし」と読みますが、要は欠陥と同じ意味合いです。新築住宅のケースでは、引き渡した住宅の品質や性能が、当初約束したものと異なる場合を言います。例えば、設計図書に従った施工が行われていなかったり、最低限有する性能が確保されていない場合には瑕疵に相当します。

戻る

最近のクリップ

もっと見る