カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

家づくりレポート

2018.07.06

金華山の見えるマンションリノベーション「木工事スタート」

岐阜市で施工させていただいている「金華山の見えるマンションリノベーション」の進捗を報告です!


2018年7月6





梅雨らしく、雨の日が続いていますね。





ただ、梅雨というと「シトシト」雨が降る印象があったのですが、

ここ数日の雨は、これまでの降り方とは違っています。





現場の方も、雨が降ると、木材の膨らみや反り、曲りに注意が必要です。

引き続き、集中して工事を進めて参ります。





そんな中、いよいよ大工さんの工程「木工事」がスタート。






コンクリート相手ですが、経験豊かな大工さんが、

手際よく下地を造っていきます。






また、新築工事と大きく違うのは、

既存の壁や天井から寸法を拾い直す必要があります。





新築の場合は「ゼロ」からのスタートなので、

図面で全て寸法を決めることが出来ますが、

リフォームの場合はそうはいきません。




そのため、より精度の高い仕上がりを目指すには、

図面の寸法通り現場に反映出来るように、

このような「墨出し」という作業が必須となります。

(下地の段階で、実際の仕上がりの基準線を引く作業のこと)






箇所ごとに、コンクリート壁の厚みや取合う設備配管の寸法が

微妙に異なってくるため、納まりも変わってきます。





そのため、いつもより細かく墨出しをしています。






そうして、細かく検討を重ねたうえで、

実際に下地を組んでいただきます。





現状は下地の段階なので、

まだまだこれからが正念場となりますが、

頑張っていきます!




戻る

最近のクリップ

もっと見る