カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

家づくりレポート

2018.09.25

町に馴染む白い塗り壁の家「気密工事」

2018年9月26





前回ご紹介した「断熱工事」に引き続き、

今回は、「気密工事」について、ご紹介いたします。





お家には、細かいレベルで見ると、

大小の隙間があるものです。





木造の住宅は、木を使用します。(勿論ですが^^;)





そのため、木同士が隙間なくぴったんこに密着することはありませんし、

住宅には換気扇や電気の線、水道管など、

外部に向けて様々な穴を開けないといけません。





これらをしっかりと処理しないと、すきま風による影響で、

計画的な室内環境を作ることが出来なくなってしまいます。






そこで重要となるのが、「気密工事」です。





隙間をしっかりと埋めて、処理する、大切な工程となります。






柱や梁、床と断熱材の隙間を、まずはコーキングで埋めます。





その上から、気密テープ(銀色のテープ)で密着させていきます。






これで壁と断熱パネルの間は、しっかりと気密処理されました。





これと同様に・・・






床も同様に、処理を施します。





そして・・・






窓廻りも同様に、処理していきます。






窓などの開口部まわりは気密と共に、

断熱性能としても弱点となりやすい場所です。





これらの場所は、より入念に処理していきます。






さすが熟練の職人さんです。テープの貼り方も綺麗です!






換気扇などのダクト周りも、






ホールダウン金物や、






構造金物のプレート周りも、しっかり処理していきます!






ユニットバスの人通口も、後々の万が一に備え、

ウレタンパネルで塞いでいきます。





これらの気密工事は、細かい所ではありますが、とても大切な工程です。





野村建設では、新築の住宅に対し全棟で、「気密検査」を行っています。





ある意味で、この工程の採点結果が出る試験のようなものです。





気密測定の結果も、楽しみ半分、ドキドキ半分で待ちたいと思います。




戻る

最近のクリップ

もっと見る