カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

家づくりレポート

2018.10.12

町に馴染む白い塗り壁の家「ユニットバス」

2018年10月12





大野町の白い塗り壁の家、着々と工事が進んでおります。





今日は、先日完了しました、ユニットバス工事について紹介します。





大工さんや左官屋さんなど、

くらしこの家にとって花形的な工事については、

これまで色々な現場でも、よくブログアップされています。





あまりスポットを浴びることのない「ユニットバス」の施工。





ですが、すべてのお家に必ず存在するお風呂。

地味な工事ではありますが、とっても大事な工事です。






まずは朝イチ。材料搬入から。





トラックを開けると浴槽が!!

新鮮な光景です。






今回はTOTOのユニットバスです。

これを見ると、CMの心くんを思い出します^^





手際よく搬入を終え、早速施工へと取り掛かります。






まずは脚部の組み立て。





この設置位置で、ユニットバスの位置がすべて決まるので、

実は大事な工程なのです。






ベースが仕上がると、壁や天井のフレーム組み。





くらしこの家は、全体のプロポーションを重心低く保っていますので、

ダクトの配管が梁下ギリギリとなります。





ダクトの下端とユニットバスの天井も、

写真の通りギリギリでしたが、問題なく納まりました!






フレームが組み終わると、ついに浴槽の設置。





これで、室内のイメージがグッとお風呂になってきました。






そして、化粧パネルの板に穴を開けていきます。





水栓金具や給湯器のリモコンを入れる為です。






パネルを取付けていきます。





今回はシックな濃いめの木目カラー。




綺麗にまとまっています。






最後に器具(蛇口やシャワー、換気扇など)をつけて、

ドアを取付けて、完了です!






濃いめのパネルではありますが、

今回は南側に窓があるため、

とっても明るくて気持ちの良いお風呂になりそうです^^







TOTOの浴槽は、ゆりかごのようなカーブを描いています。

個人的にはすごく好きなデザイン。いいですね!





こうして、完成まで養生をして、お引渡しに備えます。





引き続き、宜しくお願いします。

戻る

最近のクリップ

もっと見る