カテゴリを表示

岐阜の建築事例紹介から、家づくりや住まいに関するイベント、暮らしに役立つ情報まで。
さまざまなトピックを野村建設からお届けします。

家づくりレポート

2018.11.07

町に馴染む白い塗り壁の家「階段」

2018年11月07








今回の間取りは、リビングの吹き抜け空間に階段が配置されます。





現場、設計、そしてお客様と打ち合わせを重ね、

今回は、鉄骨製の階段にて計画していくこととなりました。






ささら板(側面の板のことです)と手摺はスチール製、

段板(足を踏む階段の板のことです)は木製の計画です。





加工が容易な「木」は、現場にて切ったり削ったりと、

細かな調整が効きますが、「鉄」の場合はそうはいきません。





事前の打合せや段取りが、とても重要となります。






向かったのは、いつもお世話になっている鉄工所。






木造の住宅を作っている身にとっては、

普段は嗅ぎ慣れない匂いに包まれます。






分かる人にはわかる、鉄の匂い。





嫌いじゃありません(笑)





早速、階段の寸法、施工方法について打合せです。






鉄工所には、「現寸場」という、

現寸で寸法を落とし込める、広い空間があります。






この場所で実際の階段を1/1で書き込んで、

細かい所の納まりの検討をします。






1本ずつ線が引かれていくと、

徐々に階段の形が、姿を現してきます。






鉄工所の社長直々に、墨を引いてくださいます。





そして、道具の使いこまれた容姿に、思わず息をのみます。






下書きが完了し、寸法を細かくチェックしたところで、

清書書きとなります。





薄いフィルムを当てて、固定し、その上に書き込んでいきます。





この型紙を基準として、実際に鋼材の加工へと移ります。





出来上がるのは、来週の予定です。





仕上がるのが楽しみです。







戻る

最近のクリップ

もっと見る