モデルハウス|野村建設が提案する住まい「くらしこの家」を体感しませんか?
scroll

本当に大切なこと、たしかな家、ゆたかな暮らしとは?
野村建設が提案する住まいのかたち。それが「くらしこの家」です。

岐阜県大野町にあるモデルハウスでは、子育て中のご家族へ向けた「くらしこの家」と、
20坪台でもゆとりある暮らしを提案する「くらしこの家ハナレ」、
そして2棟をゆるやかにつなぐ自然樹形を生かした「お庭」をご覧いただけます。
家族構成や立場、年齢、ライフスタイル、大切になさっている思いによって、
ここで感じる“居心地”は変わってくるかもしれません。

「住まい」「お庭」「家具」のトータルで豊かさを生み出す設計デザイン、世代を超えて住み継いでいける確かな性能など、野村建設が提案する家づくりのさまざまなメッセージを、見学やスタッフとの語らいの中でぜひご体感ください。

親子のあり方や夫婦のあり方、ずっと続いていく家族の幸せについて考えるきっかけにーー。
そんな願いを込めて、みなさまのお越しをお待ちしています。

家とお庭の心地よい関係

「くらしこの家」のモデルハウスは、子育て中の世帯とその親世帯が、
ひとつの土地にそれぞれの住まいを建てて暮らす「敷地内同居」を想定しています。
完全同居でも、二世帯住宅でもない2軒の住まいは、自然樹形を生かしたお庭を介して視線がゆるやかにつながり、
つかず離れずの心地よい距離感と安心感を演出。
さらに、建築と調和するオリジナルの家具が温もりや個性を表現します。

  • くらしこの家

  • お庭

  • くらしこの家ハナレ

住まいは、家族の暮らしでできている

建築家・伊礼智氏と造園家・荻野寿也氏と協働

野村建設が「性能のさらに先の価値」を追求して出した答え。それは「誰もが心地よいと思える住まい」を提唱する建築家・伊礼智氏と造園家・荻野寿也氏との協働でした。両氏にご指導を仰ぎ、ともに考え、誕生した「くらしこの家」は、私たちが長年にわたり蓄積してきた構造性能や居住性能の技術と、五感を癒す心地よさがバランスよく溶け合った、これからの家族のためのこれからの住まいです。

心地よさには理由があります

一年中、どの部屋に行っても安定した室温。臭いや空気がこもらない綺麗な空気。地震に強く、防音や防火にも優れた効果を発揮する。私たちが提供したいのは、そんな高性能な品質と心地よい暮らしです。その実現のために、私たちは見えない部分にも徹底してこだわり、高気密・高断熱の設計と施工を行っています。

家と家具の統一感がもたらす豊かさ

「くらしこの家」は、住まいをご家族にとって本当に必要な空間に絞り、小さくまとめることを提案しています。でもそれは、けっして狭い家ではありません。デッドスペースになる居室や廊下を廃し、代わりにオリジナルの造作家具や建具を設えるかしこい家の作り方。日常の暮らしの中で、快適さと心地よさを体感していただけます。

今の心地よさも、50年先の心地よさも

もしこの家がずっと永く住み継がれていくとしたら、そこにはどんな家族の顔、暮らしがあるでしょう。「くらしこの家」は未来の家族、未来の暮らしまでも考えた新しい住まいのカタチ。10年後も、20年後も、50年経っても心地よく、愛着を持って暮らせる家であることをめざし、お手入れ方法のレクチャーやメンテナンスのご相談にも力を注いでいます。

協働

伊礼智氏

伊礼智氏

1959年沖縄県生まれ。82年琉球大学理工学部卒業後、東京芸術大学美術学部建築科大学院を修了。丸谷博男+エーアンドエーを経て、96年より伊礼智設計室開設。日本大学生産工学部建築工学科「居住デザインコース」非常勤講師。
ブログ:ireiblog
主な著書:『伊礼智の「小さな家」70のレシピ』(発行:エクスナレッジ)

荻野寿也氏

荻野寿也氏

1960年大阪生まれ。1999年に自宅アトリエが「第10回みどりの景観賞(大阪施設緑化賞)」を受賞。以降独学で造園を学ぶ。2006年、設計部門として荻野寿也景観設計を設立。2013年長野県松本市景観賞受賞。原風景再生をテーマに造園設計・施工を手がける。建築家との協働多数。
WEB SITE:www.o-g-m.co.jp

アクセス

  • 高速道路をお使いの場合

    名神高速道路大垣ICを下り、国道258号を北に向かいます。国道21号と交差する「楽田町」の信号を右折します。「穂積中原」の信号を左折し、道なりに進みます。「三橋南」の信号を左折し、根尾川を越えます。「黒野」の信号の次の点滅信号を左折します。少し進むと左手に野村建設が見えてきます。

  • 名古屋方面からお越しの場合

    国道21号を大垣方面に向かいます。「穂積中原」の信号を右折し、道なりに進みます。「三橋南」の信号を左折し、根尾川を越えます。「黒野」の信号の次の点滅信号を左折します。少し進むと左手に野村建設が見えてきます。

  • 滋賀方面からお越しの場合

    国道21号を名古屋方面に向かいます。「穂積中原」の信号を左折し、道なりに進みます。「三橋南」の信号を左折し、根尾川を越えます。「黒野」の信号の次の点滅信号を左折します。少し進むと左手に野村建設が見えてきます。

モデルハウス見学予約

「たしかな家でゆたかに暮らす」ためのアイデアをたくさんカタチにしました。
見てふれて、相談して、どこにもない心地よさを五感で確かめてみませんか。

0120-761-288

受付8:00~18:00

お問い合わせ・資料請求