新しい暮らし、ここから。 clasico

お知らせ
モデルハウス見学 カタログ お問い合わせ

くらしこクリップ CLASICO CLIP

Q.ZEHに関して取り組みはされていますか?

家づくりQ&A

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

<文章・下図共に経済産業省HPより


「温室化ガスの排出量を2050年までに実質ゼロとする、2050年カーボンニュートラル宣言」が表明されています。

目標を達成するためには住宅業界の脱炭素化が必須で、今後は省エネ(断熱等)と創エネ(太陽光パネル)、既存住宅ストックの相当数の省エネ回収が不可欠だと言われています。

実現のためにまず大切なことは、住宅の環境性能レベルを上げることです。

その一つとして「改正建築物省エネ法」が完全施行され、省エネ計算が新築計画に欠かせなくなりました。

(弊社ではこれまでも省エネ住宅に基づく住宅性能値のご説明と省エネ基準を満たす建築を行っていますので何ら変更はありません)


断熱や窓の性能を高めることは、環境に寄与するだけではなく住まい手の健康を守り、光熱費も下がります。

地球環境にも経済的にも優しい「省エネルギー住宅」を建築することは住宅の脱炭素の本質であり、その上で太陽光パネルを取り付けて創エネをしていくことが求められてきています。

そのような家づくりのもと、経済産業省のZEHの取り組みを受けてZEHビルダー登録をしています。

政府の「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。 

これを受けて野村建設では下記のとおり各年の目標を設定しZEHの普及に取り組んでおります。

ZEH普及目標と実績

 野村建設はZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に向けて、
2025年(令和7年)までに、普及率目標を新築住宅の75%以上としています。
  2020年度
   2021年度   2022年度2023年度   2025年度
      13%        0%         0%       15%      75%        ZEH
    -        -         78%       86%      10%  ZEH基準の水準

2023年は「ZEHシリーズ」(1棟)15%と「ZEH基準の水準」(6棟)86%の省エネルギー成功を確保した住宅を建築致しました。

今後も家づくりレポートや建築事例を通して弊社の取り組みをぜひご覧ください。

くらしこクリップ CLASICO CLIP

ALL
CLASICO CLIP
© NOMURA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.